関町北の家  01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 |
                          26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 33 |DATA                     >>一覧へ戻る
■建物概要
所在地    東京都練馬区
構造規模   木造 2階
敷地面積   202.08 m2
建築面積     86.26m2
延 面 積    152.35m2
竣 工     2015年5月
構造事務所  本岡構造設計
写 真            中村 絵

■コンセプト
完全分離型の2世帯住宅の計画です。
1階に親世帯、2階に子世帯が、それぞれ中央の坪庭を取り囲むように配置されています。 1階の親世帯では、玄関に入ると、坪庭からの自然光に向かい入れられ、リビング・ダイニングに至ります。 リビング・ダイニングは南側に広いテラスを備え、十分な明るさや通風を確保するとともに 実際の面積以上の広がりが感じられます。 2階子世帯のリビング・ダイニングも、南側バルコニーと東側の坪庭に接し、住宅の中央部においても 十分な自然光を導き入れ、風が通り抜けます。 天井は、屋根の勾配なりの断面形状となっていて、東側のハイサイドライトからも光が入り、 空を眺めることができます。 両世帯とも、この坪庭を取り囲むことで、それぞれの家族が、それぞれのプライバシーを守りながら 相互に気配を感じあえるような、絶妙な距離感を保つことができます。 さらには、親世帯と子世帯とが、完全分離でありながらも、付かず離れずの調度良い関係性を保つことができます。
両世帯とも内装は木の温かみのある素材を用い、親しみ安い空間となっています。 。